鞄修理 ルイ・ヴィトン リヴィエラの内装交換

ルイヴィトン リヴィエラ 修理

ルイヴィトン・リヴィエラの内装交換。

バゲットに次いで多いご依頼です。カラーバリエーションが豊富で大変人気の製品ですが、こちらも内装の合成素材の劣化がおきて使用できなくなるパターンが多いです。張り合わせタイプのバッグの解体修理は難度が高く、気の遠くなるような作業が待ち構えているため、断るお店のほうが多い印象ですが、当工房ではこうしたタイプの製品もすべて修理可能です。

鞄修理 ルイヴィトン リヴィエラ

リヴィエラのように張り合わせタイプの内装は一旦、バッグを全解体するため、画像のように元のバニッシュは崩壊します。内装交換後、コバ全周をきれいに形成して、顔料塗装を復元しなければなりません。これが結構大変な作業なんですね。

そもそもコバの形成のクオリティは、元の断面がいかにきれいに張り合わせているかで決まるのですが、修理の場合、文字通り断面はガタガタの状態ですので、これを平滑なツルツルのコバ面に仕上げるのはなかなか時間がかかります。