ルイヴィトン サックプラの内装修理事例

ルイ・ヴィトン サックプラの内装交換

ルイヴィトン・サックプラの内装素材ですが、バケツ、リヴィエラ、財布など小物内装と同様、合成素材の劣化でべとつきが発生します。合成素材の劣化の内装張替えは劣化が軽度なほどきれいに修理ができるのでべたつきが発生し始めたらなるべく早く修理に出されることをお勧めします。劣化した内装素材が剥離し、外装に汚れが移ると、素材によっては取り除けない場合があります。

サックプラ 修理

サックプラ。書類などがすっぽり入る鞄で、シンプルながらしっかりと主張のあるデザインですね。内装が合成素材のため経年劣化を起こします。ドロドロベタベタになり使用困難に陥る前にオーバーホールして内装の張替え修理をしましょう。

サックプラ内装交換 アフター

サックプラ 修理

アフター。シャンタン生地で新規作製しました。モノグラムに付着した合皮劣化の汚れ移りも、クリーナーでできる限り落としていきます。ある年代よりも前のbagになると内装のポケットデザインがガラケー携帯のサイズになっていたりしますね。元通りの採寸で作製するのも良いですが、ポケットのサイズ・デザインの変更も可能です。

ルイヴィトン・サックプラ その他修理メニュー

サックプラの修理、今回は内装交換をご紹介しました。その他、付け根革パーツの新規作製、丸手ハンドルの作製、モノグラム生地のクリーニングも施工可能です。ルイヴィトン・サックプラの修理・メンテナンスでお困りの際はお気軽にご相談下さいませ。