工房移転に伴う住所変更のお知らせ

この度、工房を移転することになりました。尼崎の現工房から川西市に移り工房を構えることとなりました。住所変更のため、ご依頼品の発送先が変わりますのでご注意ください。

【工房移転について】

現工房 〒661-0003兵庫県尼崎市富松町3-20-34

新工房 〒666-0121兵庫県川西市平野1丁目26-2

 

【工房移転のスケジュールについて】

現在の尼崎の工房での荷物の受け取りですが、2020年5月20日までとします。

新しい工房での荷物の受け取りは2020年6月1日からになります。

5月20日~5月31日の間にご依頼品を発送される場合は、お手数ですが6月1日の日付指定で新工房住所宛に発送をお願い致します。

現工房での荷物の受け取りは5月27日まで可能ですが、移転の準備、また、コロナウイルスの流行による配達遅延などの可能性を考慮し、一旦20日で締め切らせていただきます。

今後は工房移転のスケジュール段階に応じて、お問い合わせの返信メールにて個別に詳細をお知らせしますので、ご確認の上、ご依頼くださいませ。

お手数をお掛けしますが何卒宜しくお願い致します。

ヒロナガ鞄修理工房

 

 

 

 

ルイヴィトン サックプラの内装修理事例

ルイ・ヴィトン サックプラの内装交換

ルイヴィトン・サックプラの内装素材ですが、バケツ、リヴィエラ、財布など小物内装と同様、合成素材の劣化でべとつきが発生します。合成素材の劣化の内装張替えは劣化が軽度なほどきれいに修理ができるのでべたつきが発生し始めたらなるべく早く修理に出されることをお勧めします。劣化した内装素材が剥離し、外装に汚れが移ると、素材によっては取り除けない場合があります。 続きを読む

財布・革小物のファスナー・破れ・コバ塗装の修理

財布の修理依頼。毎日たくさんのご依頼いただいております。大変お持たせしておりますが順番にご対応していますのでご辛抱願いますm(__)m

エルメス、ボッテガ、ヴィトン、シャネル、グッチなどが多いですが、基本的にはどんなブランドでも対応可能です。今回も定番のファスナー交換から、折山のレザーの穴あき補修、ステッチ補修、コバの顔料再生など、いくつか修理事例を紹介します。 続きを読む

バッグの持ち手の芯が折れたら 丸手ハンドルの芯交換

バッグのハンドルの芯が折れてしまったら修理できるの?

・折れてしまった丸手ハンドルの芯材の抜き替え修理が可能です。丸手ハンドルは機械縫いでは元穴を正確にひろう修理が困難ですので、手縫いで補修します。

丸手ハンドルの折れた中芯の交換。ミシン縫いできないこともないですが、念には念を入れてすべて手縫いします。丸手ハンドルの芯交換は完全な手縫い修理になるので、敬遠されがちな修理ですが、ハンドル新規作製に比べリーズナブルに修理できるのでお勧めです。手縫い修理はミシンの何倍もの時間がかかります。作業中は「そりゃ、だれもやりたがらないよな~コレ・・」と内心思いながらも頑張ってます。

続きを読む

ルイヴィトンの修理 ショルダーバッグのストラップ(肩紐)交換修理

ルイヴィトン・ショルダーストラップ(肩紐)の交換修理

・ルイヴィトン製品のショルダーバッグのストラップ交換事例。雰囲気の近いヌメ革をルイヴィトン専用にオーダーし、サイドの飾り捻・コバの染料仕上げまでトコトンこだわった交換修理です。

続きを読む

バッグハンドルのバニッシュ修理 塗装剥がれ・ベトベトの修理

ブランドバッグのコバのベタつきの修理

・バッグのハンドル塗装劣化や財布のコバが修理できます。

ご愛用のブランドバッグ、ハンドルや外周の塗装剥がれやベトベトで困ったことはありませんか?ブランドバッグの多くはバニッシュと呼ばれるコバ(側面)を顔料塗装で仕上げるフィニッシュが施されています。使用しているうちに湿気や気候によりべとつきが発生したり、剥離が起きたりします。また製造時の塗装不良などもまれに起こります。メーカーさんでは高額修理となるケースや、そもそも修理を断られる場合もありますが、当工房では状態が良ければ劣化した塗装を取り除き、新たに顔料を乗せなおしてバニッシュの再生修理が可能です。

続きを読む

ファスナーの種類について 鞄・財布・ブーツのファスナー修理

ファスナー修理と使用素材について

・防水ファスナー・大きい番手のファスナーや、高級クラスのエクセラファスナーでの交換修理が可能です。

ファスナーの修理と一口に言っても、ファスナーテープには色んな種類があります。今回は当工房で使用しているファスナーテープの種類について紹介します。

ファスナー 修理 エクセラ

続きを読む

作家紹介 ギターストラップ・カメラストラップ製作販売 708works 様

個人作家さんでレザーアイテムの製造販売をされている「708works」(ナナゼロハチワークス)様のご紹介です。

  

【販売サイト】https://www.708works.jp/

オーナー自身が長年の楽器経験者、某有名楽器メーカーに所属していたという経歴もあり、その経験を生かして演奏時の使いやすさとデザイン性の両方に拘った高品質のギターストラップを制作しています。

ウロコストラップ ギターストラップ 708works

708worksの代表作、ウロコストラップは既に多数の有名アーティストにも愛用されており、その特徴的なデザインは、愛用の機材に装着すればLIVEなどのイベントでも目立つこと間違いなしです。 続きを読む

鞄修理 ルイ・ヴィトン リヴィエラの内装交換

ルイヴィトン リヴィエラ 修理

ルイヴィトン・リヴィエラの内装交換。

バゲットに次いで多いご依頼です。カラーバリエーションが豊富で大変人気の製品ですが、こちらも内装の合成素材の劣化がおきて使用できなくなるパターンが多いです。張り合わせタイプのバッグの解体修理は難度が高く、気の遠くなるような作業が待ち構えているため、断るお店のほうが多い印象ですが、当工房ではこうしたタイプの製品もすべて修理可能です。
続きを読む