ルイヴィトンの修理 ショルダーバッグのストラップ(肩紐)交換修理

ルイヴィトン・ショルダーストラップ(肩紐)の交換修理

・ルイヴィトン製品のショルダーバッグのストラップ交換事例。雰囲気の近いヌメ革をルイヴィトン専用にオーダーし、サイドの飾り捻・コバの染料仕上げまでトコトンこだわった交換修理です。

鞄修理 ルイヴィトン ショルダーストラップの交換修理

ビフォー。根革部分が完全に破損し、使用不可能な状態に。

当工房では、ルイヴィトン製品の雰囲気を尊重し、違和感のないバッグのオーバーホール、ヌメ革の交換修理が可能です。

その中でもご依頼の大変多いショルダーストラップの新規作製について。

 

ルイヴィトンの重厚感と高級感を尊重したストラップ(肩紐)の作製

・ユーロ風のステッチの流れ、サイズ感、コバの仕上げ、飾り捻など細部にこだわったつくりに加え、破損しやすい付け根部分は補強芯材を入れオリジナルより強靭なつくりになっています。

鞄修理 ルイヴィトン ショルダーストラップの交換修理

アフター。ひび割れたストラップ・本体側の根革の交換、金具も劣化・破損している場合は交換し新品にすることができます。金具を再利用する場合は金具を磨いてクリーニングし再使用します。ルイヴィトンの金具は高級な真鍮金具ですので、磨いてやると新品同様とはいきませんが、程よいヴィンテージ感の風合いを残すことができます。モノグラム、ダミエ、アズールなどの合成素材も表面のクリーニングを施してトータルリペア完了です。

 

ルイヴィトン・ストラップ(肩紐)のカスタム、仕様変更について

・ショルダーストラップの様々なカスタマイズもご相談ください。

ヌメ革ショルダーストラップでの交換修理ですが、長さの指定も可能です。現状から+何センチという風にご指定いただくのが簡単かと思います。また、ベルト穴の増設や穴幅の変更もできます。

根革パーツも含む交換の場合は、Dカンとナスカンの取り付けでストラップが着脱可能な使用に作り直すことも可能です。またリーズナブルな修理法として、ナイロンバッグなどに使用されるストラップテープでストラップ作製もできます。こちらもナスカン着脱式・長さ調節式のストラップの仕様で作製できます。他にもご希望がありましたらできる限り対応いたしますのでお気軽にご相談ください。