鞄修理 ルイ・ヴィトンのヌメ革交換修理(bagのオーバーホール)

あっという間なもので8月も中旬に差し掛かり、暑さにこたえる毎日ですね。

夏休みに長期休暇、疲れた体を休める期間、旅行を楽しまれる方も多いかと思います。個人的には長期休暇というものに縁遠い生活をしていますが、、

日本全体の問題に関しても、選挙があり、数か月後には消費増税10%が到来します。こういう話を耳にするとどうしてもお財布の紐が固くなりがちですが、一度家の中に眠っていた使えるもの、壊れているもの、メンテナンスの必要なもの、チェックしてみるのも大事かもしれません。

今日は鞄の解体修理、オーバーホールについて。オーバーホールというと時計や革靴のそれを思い浮かべると思いますが、鞄も解体修理というものがございます。


続きを読む

鞄修理 ルイ・ヴィトン 根革パーツの作製事例

ルイヴィトン 修理

根革パーツの新規作製、ルイ・ヴィトンがやはり圧倒的に多いですが、様々なブランドに対応可能です。
続きを読む

【染め・カラーリング】ルイヴィトン 内装カラーリング事例

最近、特にご依頼の多い染め・カラーリング。年々お問い合わせが多くなっている気がします。

カラーリングは、状態により処置が異なり、基本的にかなりの納期がかかる為、余裕をもってお預けいただける方のみ承っております。

当工房でお受けするものは、カラーリングを施す箇所が総革のものに限ります。いろいろな素材のコンビの製品は色移りの危険がある為、基本的にお断りしております。 続きを読む

モノグラム(トアル地)の補修  修理出来ないものにトライしてみるという事。


モノグラムの裂けてしまった箇所の補修。パックリ裂けていた箇所を接着・パテ埋めし、顔料補修。

トアル地は修理することが難しいのですが、「どうしても。。」という方に限って何度かトライした事があります。 続きを読む

ルイヴィトン ヌメ革パーツ交換修理

ルイヴィトンのヌメ革パーツ交換修理例。

ルイヴィトン 修理

いい感じにエイジングしていますが、あちこちひび割れが起こり、強度面で限界を感じます。部分的な交換修理と言う事で、色合わせが重要になってきますね。

続きを読む

ルイヴィトン ジップウォレットのファスナー交換

ルイヴィトンのジップウォレット。

ファスナーが一段奥まったような、複雑な構造になっています。

老舗のブランドほど廃番品も多くあるので、リペアして長く使っていく事は個人の持ち物としては勿論、ブランドの歴史という観点においても意味があるんじゃないかと思います。

財布 修理

続きを読む

ルイヴィトン Bagのヌメ革パーツ交換修理

ご依頼の多いルイヴィトン製品のヌメ革パーツ交換修理について。

何種類かのヌメ革を使い分けて、出来るだけ違和感の無い仕上がりを目指します。

ヴィトン 修理

ハンドル・ショルダーストラップ等のベルト作製。 続きを読む

ルイ・ヴィトン バケツ(バゲット)の内装修理

ルイ・ヴィトンのバケツ(バゲット)の内装交換のご紹介。

バケツの内袋は合成皮革が使われており、高温多湿に弱い合皮素材は知らぬ間に劣化してくることがあります。基本的に、人工的に作られた素材というものは製造された時から劣化がスタートしているようなもので、天然素材に比べ寿命も短いです。

ルイ・ヴィトン 修理

続きを読む

ルイヴィトンのファスナー引手、革チャームの交換修理

ルイヴィトンのスライダーチャームの新規作成。

ルイヴィトン特有のリーフ型の革チャーム

取れてしまったまま使っている方も多いと思いますが、鞄のアクセントとなるパーツ。見た目もあまりよくありません。

チャームだけの作り直しはもちろん、スライダーに不具合が生じたり、ファスナーの総替えのタイミングで一緒に作ってあげるのもいいでしょう。

続きを読む